ABOUT  

1968年東京生まれ。

小中高までは野球に熱中するも、度々校内写生会にて賞をもらう。

1984年から後楽園球場(現東京ドーム)にてキリンビールの売り子、

1986年から芸能プロダクションに登録し、ドラマや映画のエキストラ、

日本初の輸入雑貨店ソニープラザ銀座本店にてアルバイト。

高校卒業後、デザイン専攻の大学へ進学するも、学科の考え方に反発し2年で中退。その後フランスに本校を持つ、ビジネスとファッションの専門学校エスモードジャポン(原宿)に2年通い、卒業。

 

1992年、横浜山手にある、おもちゃの鑑定史北原照久さんとの出会いにより、同北原さん経営の株式会社トーイズへ就職。

北原さん大学時代友人、北海道小樽市にてフレンチシェフのムッシュカンノ氏開発のビスケットシューと、日本初販売のパンナコッタが横浜SOGOにオープン。こちらの洋菓子店にて店長として勤務。こちらのお店を発信源としてパンナコッタブームが起こり、1994年には恵比寿ガーデンプレイスオープンに伴い、恵比寿三越内に2号店目をオープン。2か月で休日が僅か2日という激務と、ブームに流された日々に終止符を打つべく、

1996年、フランス陶器エミール・アンリ社代理店で、代官山にアッサンブラージュというインテリアセレクトショップ直営店を持つ、南海通商株式会社へ転職。

以後、フランス本社との橋渡し役として事業部を設立し、日本国内でのブランディング、マーケティング、プロモーションを全て一人でこなす。成果が評価され、フランス本社出資のもと、2000年、日本法人設立に携わる。

1997年、当時家電量販店にしか販売ルートがなかった、デロンギ社コンベクションオーブンを、エミールアンリ販売基幹店である、代官山アッサンブラージュにて「オーブン料理」コーナーとして提案。

 

1998年、料理書を多数出版している文化出版局へ、日本の家庭でも手軽に楽しめるオーブン料理をコンセプトに、企画提案。料理研究家上野万梨子さん、デロンギ社、エミールアンリによる、「上野万梨子のオーブン料理」が刊行される。

 

2001年、同社開発のタジン鍋を伊勢丹新宿フランス展にて販売。翌年以降から競合他社も類似品を発売し、雑誌テレビなどのメディア紹介を経て、タジン鍋ブームが巻き起こり、エミールアンリ社=タジン鍋となってしまったことで、またもやブームに流される。

2005年、母親が病で逝去し、父親の介護もせざる状況から、2009年にてエミールアンリ社を退職。

 

2010年、フリーランスとしてのきっかけとなる、書籍『ずっと使いたい世界の料理道具』(産業編集センター刊行)を出版。執筆、スタイリング、撮影をすべて1人でこなす。以後、日本初の「料理道具コンサルタント」として独立。

同書籍を基に、世界の料理道具の素晴らしさを伝えるべく、有隣堂AKIBA、TSUTAYA六本木、三省堂書店有楽町、東急ハンズ銀座などで、『ずっと使いたい世界の料理道具展』として、書籍x料理道具の企画販売を実施。

同年、東京と大阪にある、食のデザインスクール「レコールバンタン」と講師契約。

未来のシェフ、パティシエ、バリスタ、フードコーディネーターを目指す学生たちへ、

料理だけでなく、料理の可能性を広げる料理道具の素晴らしさ、道具に見る世界の食文化、道具と料理のスタイリング演出方法、撮影方法などの講義を実施。

 

2011年から、

「料理通信」「ELLEgourmet」「天然生活」「ランドネ」「男子食堂」「MonMax」「Goods Press」など、各食情報誌でのコラム執筆やスタイリング撮影、「ジュピターショップチャンネル」でのフードスタイリング、

「東京ガス」や「TOTO」などの住宅機器施設メーカーでの世界の料理道具イベント企画実施、地元台東区開催のクリエイターズイベント「モノマチ」「SPEAK EAST!」へ2年間参加。

2012年、東日本大震災被災地の岩手県石巻市雄勝町にて、公益社団法人MORIUMIUS主催の雄勝アカデミーにて、被災者の子どもたち向けへ、世界の料理道具メーカー協賛のもと、料理アカデミーへ2年間協力。

 

2014年から

自宅兼アトリエとして公開し、スタイリングはじめ、本格的に動画撮影仕事も開始。

 

2015年から

写真教室「PhatPhoto写真教室」にて、撮影に加え、料理スタイリングの講座も開催。

 

2016年から

企業のSNS PR活用が増し、インスタグラムでの動画配信が60秒可能となまたことも受け、コト提案のライフスタイル動画制作の需要が増え、

Panasonic「ふだんプレミアム」や魔法びんのパイオニア「サーモス」のオフィシャルインスタグラム制作を開始。

以後、企業やメーカーの動画制作は年間100本を超え、並行して「ドトールコーヒー」「キユーピーサラダクラブ」「カルビーフルグラ」「日の出みりん」など食品会社の販促物スタイリングや撮影仕事、

百貨店などでのスタイリングと撮影手法を題材とした企画イベントなどにも出演。

 

2017年から

自身アウトドアやキャンプ好きなことも高じ、アウトドア雑誌「ランドネ」別冊「親子でアウトドア!vol.3」掲載はじめ、ランドネ編集部プロデュース「ニトリ」アウトドアカタログ「ウチソト」創刊号から3号まで、スタイリング担当。

 

2018年から

アメリカ最大の通販テレビ番組「QVC」出演スタート。

ドイツ魔法瓶「alfi」「T-fal 電気ケトル」「貝印 関孫六包丁」紹介。 

専門学校での教え子「フードユニットLupinus」とともに、ベルギーフライパン「グリーンパン」レシピブック、アピデ「ヒスイパン」料理動画制作。

 

2019年から

世界最大通販サイト「Amazonジャパン」Kitchen Collectionでのガイド就任。

料理道具選び方ガイドとイラスト制作。 

東京2020選手村跡地「晴海FLAG」パナソニックカタログにて、家族出演。 

JR東日本西日本トレインチャンネル「Panasonicチャンネル」にレシピとスタイリング含めて出演。 

 

2020年から

●ドイツrader社2020クリスマスコレクションムービー制作

●OXO30周年PR動画6本制作 2020年3月〜配信

●2020年3月〜 米大手通販番組「QVC」出演

●日の出みりん 2020新商品「サラダチキンの素」レシピ制作&スタイリング撮影

●イタリア ジアレッティ社 2020年新商品PR動画制作

●コーンズトレーディング ホテレスカタログ用スタイリング撮影

受賞歴

インターナショナルハウスウェア1999 ディスプレイ部門ディスプレイ大賞受賞

2020年4月現在

​【その他・定期仕事】

●晴海FLAG x Panasonic「TOKYO HARUMI LIFE」カタログ・家族出演

●2020 東京オリンピックPR 映像提供

●Panasonic「ふだんプレミアム」インスタグラム静止画&動画レシピ&スタイリング

●連載/掲載中 Panasonic「おいしい7days」新カタログ/web「男の料理」

●連載/掲載中 楽天「GOODA」モノにこだわる男のWEBマガジン

●連載中 東北新社「家men~男たちの家事を楽しく。毎日を楽しく。」

●ドトールコーヒー「CAFE LEXEL鎌倉店」メニュースタイリング・ポスター制作

●魔法瓶のパイオニア「サーモス」/ドイツ高級魔法瓶「alfi」インスタグラム静止画&動画撮影スタイリングディレクション

●ニトリ アウトドアカタログ「ウチソト」フードスタイリング担当

●「サントリー金麦スタイルHP」インタビュー記事掲載中 https://kinmugistyle.jp/pickup/160902/

● ベルギー「グリーンパン」レシピブック制作

  • 荒井康成オフィシャルYouTube
  • Black Facebook Icon
  • Vimeoの社会のアイコン
  • Black Instagram Icon

© 2019 KitchenWareStylist YASUNARI ARAI. Proudly created with Wix.com